2007/11/29

『グレイッシュとモモ』

11月25日(日)、大学時代の友人からのお誘いで、下北沢までお芝居を観に行ってきました。

激弾BKYU”による『グレイッシュとモモ』です。友人がこちらの女優さんと学生時代のバイト仲間だったのですが、私は初の観劇でした。

お話のベースになっているのは、ミヒャエル・エンデ作の児童文学…『モモ』です。

時間泥棒の“グレイッシュたち”に町の人々はどんどん時間を奪われて日々の生活に余裕が無くなってしまうけれど、とっても純粋なモモの力で取り戻す、というストーリーです。忙しさのあまり、自分を見失っている人達へのメッセージともいえる作品なんですね。

エンデはこの作品を戦時中に書いたそうで、戦争を引き起こした人々に対して警告する意味も含まれているそうです。

歌あり、ダンスあり、笑いあり、とエンターテイメント性の高いお芝居でしたが、考えさせられる内容も多く、観終わった後、激弾BKYUの皆さんから強いメッセージを受け取ったように感じました。

最後のモモのセリフもジーンときましたねぇ。

原作もあらためて読んでみたいです。BKYUの次の作品は来年の春のようなので、こちらも楽しみに待ちたいと思います♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/03/11

『クレイジー フォー ユー』

3月11日(土)、劇団四季のミュージカルを観てまいりました。友人Kちゃんが急に仕事で行けなくなってしまったということなので、そのピンチヒッターとして。ちょうど予定も空いていたし、同期のお友達2人とも久々におでかけ出来て嬉しかったです。

劇団四季は学生時代からずっと観ていて、『クレイジー フォー ユー』も実は今回で5度目かな。私の好きな作品ベスト3に入っております。

驚いたのは、初演の頃からのキャストがいまだに何人か出演しているということ。主演の荒川務さんの演技は円熟していて素晴らしかった!10年以上同じ役柄を務めるのは大変な努力が要るんだろうなぁ。

何度も観ているけれど、いつ観ても新鮮でとても楽しかったし、たくさん笑って良い時間を過ごすことが出来ました。チケット譲ってくれたKちゃんに感謝。

終演後は、同期のお友達の出産祝いを買いにみんなでデパートへ。子ども服ってどれもかわいいから迷ってしまいますね。あれこれ見てまわり、最終的にコムサのものに決定。気に入ってくれるといいなあ。

夕食は仕事を終えたKちゃんも合流して、4人で食べました。私以外の3人が行きつけのお店で、美味しいお食事に舌鼓。充実した1日でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/04/04

双数姉妹『ラバトリアル』

Kちゃんから、ひと足早い誕生日プレゼントとしてお芝居にご招待頂きました~。
新宿THEATER /TOPSでの双数姉妹の公演。脚本・演出の小池竹見氏は、ゴスペラーズのライブの演出も手がけていらっしゃいます。『アカペラ港』というお芝居仕立てのツアーには、役者さんの佐藤拓之さんも出演していました。
Kちゃんは『アカペラ港』以降、双数姉妹のお芝居を観に行っていたそうです。
私も年に1~2度は、知り合いの関わっている劇団の公演を観に行ったりするのですが、双数姉妹は知らなかったし、とても楽しみにしていました♪
『ラバトリアル(トイレのような、の意)』というタイトルに、「どんなジャンルなんだろう?」と好奇心を持って劇場へ。
前から2列目です~!役者さんがすぐそこに…!
すっかり書けなくなった作家がトイレに駆け込むところから始まります。時間の移動が結構あって、最初のうち、?って感じでしたが、次第に引き込まれていきました。いやー、よく笑った(^o^)
役者さん達の演技力も実感出来ました。とても安心して観ていられる、というのかな。皆さん、色々なところで客演をされているようです。実力派劇団なんですねー。
エンディングは、私的にはちょっと不完全燃焼気味に感じられましたが、良い作品でした。
今日はかなり暖かい、というか暑い1日でしたが、劇場内がとっても暑くてつらかったです。もっと薄着で行けば良かったなあ。
終わってから、Kちゃんは佐藤さんからサインをゲット!良かったね。今日はほんとに素敵なプレゼントをありがとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/20

CATS

20050220_1545_0000

劇団四季のCATSを観て来ました~。メンバーは、私・弟・弟の彼女・彼女の妹、という異色の組み合わせ!2階席2列目です。今回は職場の福利厚生で入手した、格安チケットなので、文句は言えないのですが、次回は1階で観たいな☆舞台がすぐそこにあって、俳優さんの汗が飛んできそうな距離ですよ!
小さな劇場なのでロビーは飲み物やグッズを買う人でごった返してましたがいつも込みあう女性化粧室も誘導員付きでスムーズ。
内容については、福岡公演から演出等が300カ所ほどリニューアルしているそうです。ずいぶん昔に品川で観た時よりもセットやダンスは豪華になってました。客席の周りは、セットの『ゴミ』達が…。私の席の近くには、巨大なピンクの携帯電話がありました~。猫の目から見たゴミの大きさを再現しているので、何もかもが大きいです。ちなみに地方公演では、その土地ならではのゴミもどこかに置かれているのだとか。スタッフの遊び心、満載です!
席のところまで何度も猫さん達が来てくれるし、とっても楽しかったです♪1点だけ気になったのは、外国人(韓国か中国の方)の俳優さんが『ら行』の発音をする時、心なしか巻き舌に聞こえたこと位かな(^_^;)
いやー、やっぱりメモリーは名曲だ!
初めてミュージカルを観たうちの弟は、後半ノリノリになっていて、椅子が揺れていました~(^_^)
次は汐留でオペラ座の怪人を観るぞ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)