« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/31

屋久島の旅(7) 宿に到着

屋久島の旅(7)<br />
 宿に到着

屋久島で初日となるお宿に到着しました。

木のぬくもりのある、とてもきれいなペンションで、オーナーご夫妻が優しく出迎えて下さいました。
出発前からメールでやり取りさせて頂いてましたが、色々と気に掛けてもらって助かりました。

お食事は私と友人Aちゃんがサムゲタン、友人Mちゃんは薬膳カレーをお願いしました。
出発直前に疲れから内蔵の調子を悪くしていた私ですが、モリモリ食べられました。やさしい味がしたなー。
勢いでデザートまで頼んでしまい、満腹で動けない状態に。(いつもながら腹八分目を学習しない。)

夜、外に出て星空ウォッチング。風が気持ち良く、ものすごい数の星を眺めて癒されました。ちょっと首が凝ったけど(苦笑)
口ずさんだ“星”がタイトルにつく曲は全て昭和でしたー。アハハ。
明日は数年ぶりの白谷雲水峡トレッキングです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

屋久島の旅(6) 大川湧水

屋久島の旅(6)<br />
 大川湧水

大川の滝を出てすぐのところに湧水があります。

車を停めて水を水筒やペットボトルに汲みました。

屋久島の水は軟水なので、まろやかで美味しいです。

以前、1.5リットルのペットボトルに入った水をお取り寄せしたこともありますが、この水を沸かして飲むコーヒーが最高!
この旅の間もたくさん美味しいコーヒーcafeが飲みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島の旅(5) 大川の滝

屋久島の旅(5)<br />
 大川の滝

西部林道は道幅が狭い所があるので、気を付けながらドライブ。途中、雨に降られました。

道が開けたところに大川の滝があります。

前にも来たことがあるけれど、このところ雨が続いていたためか、水量が多く勢いが違いました。

マイナスイオン全開!

もっと滝の近くまで行こうかと思ったけれど、雨で岩が滑りそうなので断念。でも迫力満点で同行者の2人も感動したようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島の旅(4) マムズ・キッチン

屋久島の旅(4)<br />
 マムズ・キッチン

海水浴の後は永田や西部林道を通って宿へ向かいました。

途中、喉が乾いたのでお茶をすることに。

『つわのや』というホテルの2階に入っている『マムズ・キッチン』へ。

チーズケーキとウミガメの形をした塩クッキー、バニラアイスの盛り合わせとコーヒーをオーダー。

お水が美味しいので、コーヒーの味が違います。

売店で3人お揃いの貝殻が付いた携帯ストラップを買っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島の旅(3) 一湊海水浴場

屋久島の旅(3)<br />
 一湊海水浴場

屋久島に到着したら、周りはトレッキングに出掛ける服装の人ばかり。そんな中、私達はまるで逆を行く、海水浴へと出発。

地元のファミリーが多かったようですが、外国人観光客らしきグループもいました。

浮き輪をレンタルして海へ入ると、あっという間に深くなり、足がつかない状態になります。バレリーナみたい(?)につま先立ちしたりしてて疲れました(笑)

途中、「あと5分で雨が来ます。」と放送が入り、見ると徐々に雨雲がやって来るのが分かりました。しばし屋根の下へ避難。

再び晴れ間が出たので、しばらくまた海で遊び、ランチ(なぜかラーメン・焼きそば・チャーハンという、中華の王道3品と屋久島名物のつき揚げをシェア)を食べましたー。
「ごちそうさまでしたぁ!」と元気に片付けまでした私達ですが、海を離れて数時間後、代金を払っていないことに気付くのでした(汗)
お店の人も全く気付いていない様子。あまりにも申し訳ないので、最終日、空港に行く前にお代を払いに行きますっ。待っててね。

海の色がとってもきれいで、のんびりプカプカとリラックスしてきましたー。
普段は滅多に海に行かないけど、この日のために買ったラッシュガードで日焼け対策をして、おばちゃんらしく海を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島の旅(2) 高速船ロケット

屋久島の旅(2)<br />
 高速船ロケット

起床したら、雨の音が。
恐る恐る窓の外を見たらどしゃ降り。

チェックアウト後、大粒の雨の中をタクシーで南埠頭へ移動。

9:10発の高速船・ロケットに乗り込み、いざ屋久島へ。
次第に天候が回復してきて今は晴れ間が覗いてきました♪

海水浴、出来るかなー。

あと10分で屋久島上陸!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋久島の旅(1) まずは鹿児島へ

屋久島の旅(1)<br />
 まずは鹿児島へ

昨日は仕事を半日で上がって帰宅後、大急ぎで荷造り。(きっと忘れ物や必要の無い物が多いだろうな…。)
19:05発のJALで鹿児島へ、と思ったらいきなり遅延。15分遅れで出発となりました。

到着は21時過ぎ。シャトルバスで市街へ移動しました。ビジネスホテルに荷物を置いて、目指すは天文館。

事前に調べておいた郷土料理のお店へ行きました。
かなり遅い時間に入ったのですが、お店の従業員さん達がフレンドリーで楽しかったです。
蛸と水イカの刺身を頼んだのに、鯛もおまけに付けてくれたり、頼んでいない抹茶豆腐を出してくれたり、とサービス満点。

薩摩地ビールを飲みながら黒豚の角煮や地アジの塩焼(1匹余計に付けてもらった) 、黒毛和牛のステーキ、黒豚冷しゃぶサラダに舌鼓。
締めにラーメンを食べに行こうか、なんて話していたけどすっかり満腹になっちゃったので断念。
宿に戻って就寝したのは午前2時でした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/27

コーヒーブレイク

コーヒーブレイク

仕事で外回りをして、夕方、ドーッと疲れてしまったので、水分と甘い物を補給すべく、『コメダ珈琲店』へ。

名古屋に本拠地のあるお店ですが、こちらにも4月にオープン。

「シロノワール」という、クロワッサン生地にソフトクリームが載っているお菓子と、予めガムシロップを入れてもらったアイスコーヒーをオーダー。
「シロノワール」はなんだか懐かしい甘さで美味しかったです。

完全な寄り道だけど、短時間でエネルギーチャージ出来たので、見逃してもらうとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/26

炭水化物パーティー

炭水化物パーティー

たこ焼き&手巻き寿司パーティーを同僚宅にて開催。えぇ、炭水化物ばかりですが、気の合う仲間で食べる夕飯は最高です。

今回、私はおつまみ2種類と手巻き寿司の準備を担当しました。近所にある鮮魚市場みたいな店で刺身、うに、いくら等を買い込み、酢飯も用意。この日のために購入した寿司桶に入れて持って行きました。

後輩Nちゃんがたこ焼きの具材を買って来てくれました。ウィンナーやチーズなどの変わりネタもあって楽しかったです。

同僚の奥さん&お子さんも参加だったのですが、幼稚園参観の話題がめちゃくちゃ面白くて。
「大きくなったら何になりたいか」というテーマの発表があり、さて我が子は…と見てみると、「“りんご”になりたい。」と壁に貼り出されてあり、愕然とした、と(笑)

かわいいじゃない!と絶賛したところ、「“りんごを作る人”とかさ、幼稚園の先生も少しは正しい方向に導いてもらえるとありがたかったな。」って言っておりました。たしかに職業じゃないし、間違いなくりんごにはなれないんだけどさ(笑)
ちなみに他のクラスメートは「“スシロー”の寿司職人になりたい。」とあったそうで、「“スシロー”しか連れて行ってないの、バレバレじゃん!」と大爆笑でした。

子どもの夢って面白いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/03

夏の旅行決定!

夏の旅行決定!

友達と3人で屋久島に行くことになりました。

本当は7/31(土)出発で考えていたのですが、動き出したのが遅かったため、鹿児島→屋久島間の飛行機が取れず…。船で移動も考えてみたものの、少ない日程なので、初日から満喫したいと思い、断念。
一時は9月以降に変更するなどの案も出て、暗礁に乗り上げそうになりました。

…が、ふと「仕事を早退して前日の最終便で鹿児島に入っちゃうのはどうだろう?」と思い立ち、旅行会社で相談。

鹿児島から屋久島までは朝1番の船に乗れば11時には着くことが出来ます。

旅行会社の方に希望を伝え、飛行機プラス宿泊1泊(工程の中で1泊はパンフレットから選ぶ)、というフリープランを使うことに。

初日は19:05羽田発の飛行機に乗り、鹿児島へ。
残席が6席だったので、ギリギリセーフでした。

パンフレットを見たら、ビジネスホテルの1つに超激安プランがあったので、それを選択。
翌朝の高速船も、このパンフレットだと6,200円が5,000円に特別割引されていて、とってもお得。

翌日からの屋久島での宿泊はネットで探すことに。
結果、かなりコストダウンになりました。

8/1~2はクチコミでも評判が良かった1日3組限定の小さな宿で連泊です。

あとは7/31の宿泊先が確定すれば良いのですが…。
まだ返事が来ていないので楽しみに待ちたいと思います。

今月は数年ぶりになる屋久島への旅を心の支えにして仕事を乗り切りたいと思いまーす。

大好きな白谷雲水峡ではもののけ姫の森で米良さんばりに熱唱だ!(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »