« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/13

『アバター』

最近、映画を観に行くこともめっきり少なくなっていましたが…。

流行りの『アバター』を3Dで観てみたかったので、友人を誘い、久々に映画館に行ってきました。

ネット予約をするか迷ったのですが、もう人気も落ち着いただろう、と思い予約無しで出かけたところ、満席に近い位、埋まっていてびっくりしました。3Dの字幕版を選択。

通常料金プラスめがね代として300円が余計に徴収されますeyeglassshine

で、予告編も無く本編スタートcoldsweats01

物語のあらすじはというと…

『22世紀、地球から遠く離れた惑星パンドラへとやってきた元海兵隊員ジェイクは、自らの分身となる“アバター”を操り、先住民ナヴィと交流するが、やがて鉱物資源を巡って勃発する人類とナヴィとの戦争に巻き込まれていく…』

と、eiga.comで紹介されております~。

ジェイクは足が脊髄損傷により足が不自由で車椅子生活を送っているのですが、双子で科学者の兄が他界したことで、兄が関わっていたプロジェクトに参加させられ、惑星“パンドラ”に向かうことに。はじめは足を直したい一心で軍に協力しようとしますが、アバターとしてナヴィ族と交流していくうちに彼らの文化や考え方に共鳴していきます。

展開もスムーズだし、映像もよく出来ていて、自然に物語に引き込まれていきました。

実際に“キャプチャー・スーツ”を着た役者が動いて、それをCGを使い映像化するというという手法、すごいですconfident

『アバター』のオフィシャルサイトを見ると、どうやって撮影が行われたかが分かります。表情もきちんと映像化されているんですよ。

映画の世界もどんどん進化していってるんですね。

161分という上映時間はあっという間に感じたのですが、観終わると肩こりが。気づかぬうちに力が入っていたのかも。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »