« 北東北の旅 ⑫最終日の朝 | トップページ | 北東北の旅 ⑭乳頭温泉郷 »

2007/10/02

北東北の旅 ⑬玉川温泉

前日夜、友達の提案で玉川温泉に立ち寄ることを決めました。

東北最大規模の湯治場として有名なのだそうです。世界でも珍しいそうなのですが、塩酸を主成分とする強酸性のお湯。

「源泉100%」、「源泉50%」などと、色々分かれているので、なんでだろう?と思っていたら、詳しいおばさまが解説してくれました。

源泉100%のほうは、かなり刺激が強いので、怪我をしていたりするとめちゃくちゃしみて痛いです。皮膚が弱い人があまり入り過ぎると赤くなっちゃったりする危険性があるそうです。でも、体の免疫を強くするのだとか。最初は50%のお風呂に入ったりして慣らすと良いみたいです。

「浸頭湯」や「箱蒸湯」、「蒸気湯」などもありました。

Tamagawa

ここは、元祖・岩盤浴の場所としても名高いようで、レンタルされているゴザを手に持って、左の写真の煙がモクモクしているところで岩盤浴するそうです。興味あったのですが、時間が無いので今回はパス。売店できりたんぽを買って食べてから車に乗り込みました。

|

« 北東北の旅 ⑫最終日の朝 | トップページ | 北東北の旅 ⑭乳頭温泉郷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82548/16634849

この記事へのトラックバック一覧です: 北東北の旅 ⑬玉川温泉:

« 北東北の旅 ⑫最終日の朝 | トップページ | 北東北の旅 ⑭乳頭温泉郷 »