« 北海道談義 | トップページ | 焦った、焦った »

2006/08/31

『UDON』

8月30日(水)、友人に頼まれていた物を手渡すついでに、レディースデーってことで、映画館へ行ってきました。1000円で映画が観られるので、このときばかりは「女性でよかった~♪」と思いますね。

この前公開になった『UDON』です~。『踊る大捜査線』のコンビ、本広克行監督&亀山千広プロデューサーによる作品。

香川出身、さらに実家はうどん屋さんという本広監督だけに、故郷を舞台にした意気込みを感じますが、ちょっと色んなものを詰め込みすぎているかな、というのが全体の印象。

でも、細かいことを考えず、肩の力を抜いて観れば、楽しめると思います。

私は実在する“麵通団”の『おそるべきさぬきうどん』という本を愛読しているので、本に出てくるお店やそのご主人達がそのまま登場してくるのにちょっと感動しました。

ユースケ・サンタマリア氏は素で演技しているとしか思えない…。相変わらずのハイテンションでした(^。^) あと、香川弁は、マスターしてほしかった!

大好きなトータス松本氏は、結構良いポジションで出演していて嬉しかったなぁ。表情がステキです(^^♪

それと、個人的にラーメンズの片桐くんが見た目通りの良い味を出していたと思います。鈴木京香さんや小日向文世さんの演技も観ていてほのぼの出来ます。

香川出身の要潤、フジテレビの中野美奈子アナ、松本明子さんも出てきますよ。

展開的には読めてしまう部分もあるし、ありえないなー、とか思うところもあるけれど、大きな感動とかドキドキ感を求めず、ゆる~い気持ちで鑑賞すると良いと思います。

そしてとにかく美味しそうなうどんの映像が沢山登場するので、空腹では観ないことをオススメします。

観終わった後は、絶対に“うどん巡礼”に出かけたくなるはず!!私はすでに「来年の夏休みは四国か!?」と思い始めてます。“阿波踊り→うどんツアー”、なかなか良いかも~(笑) 影響されすぎですね、はい。

それにしても、香川の人にとってのソウルフードがうどんであるならば、埼玉県民である私にとってのソウルフードって何なのでしょう!?

|

« 北海道談義 | トップページ | 焦った、焦った »

コメント

さぬきうどんツアー のった!!!
おととし実際にまわったのですが、ホントおいしかった!
あの味が忘れられなくて…(>-<゛
ぜひ×2行きましょう(^0^/

投稿: ひろ | 2006/09/04 21:00

おととし行った時には何軒位まわったのかな??
いやー、ひろさんの胃袋の大きさにはついていけそうに
ないなぁ(笑)

投稿: DARGO→ひろさん | 2006/09/06 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82548/11692290

この記事へのトラックバック一覧です: 『UDON』:

» UDON うどん 【英語の名言・格言・成功哲学】 [名言・格言・成功哲学・ことわざを英語で学び、モチベーションも向上!]
UDONを観てきました。私はかなりの讃岐うどん好きなのです。香川県の「ソウル・フード」うどんを巡っての物語。UDONはイマニュエル・カントの言葉から始まります。正確な言葉は覚えていないのですが、「笑いは胃酸より消化によく効く」という感... [続きを読む]

受信: 2006/09/01 12:15

« 北海道談義 | トップページ | 焦った、焦った »