« 誕生会?? | トップページ | 勉強になりました »

2006/06/11

『ナイロビの蜂』

Cinema_2 6月10日(土)、出張疲れで昼過ぎまでぐっすり寝てしまいました。

夕方から映画館へ。前々から気になっていた『ナイロビの蜂』を観てきました。

タイトルの通り、ケニアが舞台の作品。ガーデニングが趣味で、穏やかな性格の英国外務省一等書記官ジャスティンが、慈善活動に熱心に取り組んでいた妻・テッサの死の真相を追っていくうちに、事件に巻き込まれていくのですが、その過程で彼女の自分への愛を再確認し、それとともに強い人間へと変わっていき、事件に立ち向かう、といった感じのストーリーです。

アフリカの貧困も背景にあり、ちょっと重いお話。それと登場人物が多いので、始めのうちは人物関係を頭の中で整理するのに大変だったかな。それでも観終わってから、相手を思いやる愛について色々と考えたり、余韻に浸れる1本でした。アカデミー賞主演女優賞を獲った、レイチェル・ワイズの演技も素敵でしたよ。ストーリー展開は賛否両論かなぁ、とは思いますが、私は結構楽しめました。

帰宅したらちょっと頭痛が…。まだ疲れが取れてないようです。

|

« 誕生会?? | トップページ | 勉強になりました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82548/10472131

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナイロビの蜂』:

« 誕生会?? | トップページ | 勉強になりました »