« 伊香保 | トップページ | 目指すは笠間 »

2006/05/05

『ナルニア国物語』

地元に新しく出来たショッピングモールに入っている、ワーナーマイカルシネマズでレイトショー。1200円はオトクですね。

上映時間15分前に到着。映画を観る時、なぜかいつもギリギリになってしまいがちです。

『ハリーポッター』も『ロード・オブ・ザ・リング』も、第1章を見逃してしまい、その後、DVDで観て追いつけばいいかぁ、と思っていても結局観ずじまいなので、“ナルニア”はぜ~ったいに観ようと決めておりました。

既に観たという友人の評判も良かったので、期待して観ましたが、よく出来ている作品だと思いました。

まぁ、原作が児童文学だし、多少ご都合主義なストーリー展開もあったりするけれど、細かいことを気にしなければ、終始引き込まれて、楽しめます。

私はこの映画に出てくる、ビーバーの夫妻がとても気に入ってしまいました(#^.^#) いかにもディズニーらしいキャラクターなのですが、癒されるし、笑えるんですよ。

続編はいつになるのかな。とても楽しみです。

次は『陽気なギャングが地球を回す』と、『ダ・ヴィンチ・コード』が観たいっ!しばらく映画館通いが続きそう。

|

« 伊香保 | トップページ | 目指すは笠間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82548/9904957

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナルニア国物語』:

» ダ・ヴィンチ・コードを見る前に [映画で楽しむ世界史]
この本は、先ずはエンターテイン本として楽しめばよいのだが、それにしても少しヨーロッパのキリスト教社会の歴史の謎や番組編の知識があったほうが断然面白い。 ユダヤ教と対立したキリスト教は、やがてローマ帝国に認められ、そのためにも教義を「三位一体説」に統一し、フランク王国と持ちつ持たれつの面従腹背関係を結び、ローマ教皇として中世世界を支配する。 そこで最大の問題は・・・そもそもキリストは神なのか人間なのか、これを統一してゆく過程... [続きを読む]

受信: 2006/05/05 09:10

« 伊香保 | トップページ | 目指すは笠間 »