« 北海道フェア | トップページ | 快適☆スキー »

2006/01/22

邦画2本立て

1月20日(金)、どうしても観たい映画があったので、仕事の相方に頼んで半日で上がり、1人電車に飛び乗って、飯田橋ギンレイホールまで行ってきました。いまや数少なくなった名画座の1つです。2本の映画を交互に上映していて、しかも入れ替え制無し、料金は1500円とリーズナブル!こういう映画館、貴重です。

観たいと思っていながらも忙しくて見逃してしまった『メゾン・ド・ヒミコ』と『8月のクリスマス』が27日までこの映画館で上映されていると知り、やっぱりDVDではなく大きなスクリーンで観たいな~と急に思い立った訳です。ちょうど休日勤務の振替として半日休みをどこかで取る必要があったのでラッキーでした。

3時頃に到着すると、結構年配のお客さんが多く、席も7割位埋まっていました。常連客が多いのかも。6時前になると仕事や学校帰りの若い人が増えてきましたが…。

『メゾン・ド・ヒミコ』はゲイのための老人ホームが舞台で、そこに住む個性豊かな住人と、ひょんなことからそこを手伝うことになってしまったゲイの娘(柴崎コウ)を中心としたお話。年老いたゲイを演じる俳優陣のコミカルで渋~い演技に引き込まれてしまいました。私がここ最近観た映画の中でお気に入りの1本に入るかな(^^♪

『8月のクリスマス』は韓国映画のリメイク版で、大好きな山崎まさよし主演。自分の命が残り少ないことを理解し、受け入れている主人公・寿俊。「もう誰も好きにならないだろう。」と思っていた彼が新米教師の由紀子と出逢い、再び「生きたい」と願うようになる…ちょっとせつないストーリーでした。

観終わると夜8時。さすがに座り疲れて肩も凝っちゃいましたが、良い作品を2本も見られてリフレッシュできました。ギンレイホール、また行こうと思います。

|

« 北海道フェア | トップページ | 快適☆スキー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82548/8286039

この記事へのトラックバック一覧です: 邦画2本立て:

« 北海道フェア | トップページ | 快適☆スキー »