« 無念…な日曜 | トップページ | たらふく食べた♪ »

2005/11/13

映画2本立て

11月12日(土)、映画を立て続けに2本観てきちゃいました。勝手に2本立てにしているわけですが、どうせ映画館に行くのなら、と欲張ってしまうんですよねー。
この日観たのは『イン・ハー・シューズ』と『エリザベス・タウン』です。言うなれば“家族愛作品2本立て”といった感じ!?
いずれも公開初日だったので、事前に予約をしておきました(^_^)v
し、しか~し、家を出るのが少し遅れてしまい、友人Mちゃんを拾って車を飛ばしたものの、途中、お祭りが開催されてるところがあったため、おもわぬ渋滞にハマって、またしてもギリギリ。予告編が終わって本編がまさに始まる時でしたぁ。
それにしても、公開初日にしてはひどくガラガラな館内に唖然!!この映画館(シネコンです。)、そのうちつぶれてしまうのではなかろうか、って感じです。穴場なので重宝しているんですけどね。
席を探し当てているヒマはないし、沢山空いてたので、適当に座って鑑賞です。
『イン・ハー・シューズ』はキャメロン・ディアス主演。難読症のために無資格・無収入だけどルックスは抜群の妹・マギー(キャメロン)と、頭が良くて弁護士の仕事をバリバリこなしているけど地味な姉・ローズ(トニー・コレット)の関係を中心としたお話。唯一の共通点は靴のサイズが同じことぐらい。全く性格の異なる2人ですが、お互いにとって大切な存在。でも、ある日マギーの取った軽率な行動にローズが激怒し、追い出されたマギーは存在を知ったばかりの祖母を訪ね、旅に出ます。別々の暮らしの中で、マギーもローズもだんだん自分に自信をつけたり素直になったり、人間として成長していく過程が素敵です。2人の祖母や、老人ホームに暮らすチャーミングなおじいちゃん・おばあちゃん達もユーモアがあって、すごく味があって、ほんとに引きこまれる内容でした。展開としては読めてしまう部分もあったけれど、後半はウルウルしてしまいました。最近観た中では満足の1本だったかな。特に女性にはオススメです。
終わってから、次の『エリザベス・タウン』まで時間があったので、ランチを。量がものすごく少なかったので、ケーキを追加(^_^;)のんびりしていたら、あっという間に上映時間が近づき、慌てて移動。(まただよ…)
今度は間に合いまして、ベスト・ポジションで鑑賞出来ました。
内容は…。仕事で大失敗して解雇された靴デザイナーのドリュー(オーランド・ブルーム)に、更に父親が故郷であるエリザベス・タウンで亡くなったとの連絡が入り、亡骸を引き取りに訪れることになるんですが、その際に出会った女性や父を良く知る人々との交流から人生を見つめ直す、いった感じです。
予告編やおすぎが連日熱く語っているCMから、とっても期待していたんですけど、実際観てみたら、う~ん、イマイチでした。
アメリカ人にはこういう“古き良きアメリカ”みたいなのがうけるのかもしれません。あとは、私自身がもっと父親との親子関係にスポットを当てた作品と勘違いしていたので、的はずれだったのかもしれないですね。
後半は恋愛モード一色みたいになり、自分の考えていた展開とは大きく違ってしまって、友人Mちゃんと2人、モヤモヤしながら映画館を後にしました。あまりにモヤモヤして、ショッピングに向かったほどです(^_^;)

|

« 無念…な日曜 | トップページ | たらふく食べた♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82548/7084331

この記事へのトラックバック一覧です: 映画2本立て:

» 【試写会】イン・ハー・シューズ【2005・アメリカ】 [Happyになれる映画を観よう♪]
★★★★★☆彡 マギー(キャメロン・ディアス)は、ルックスは、イケてるけど、学歴も資格もキャリアもなく、無職。 姉のローズ(トニ・コレット)は、弁護士として成功しているが、恋のほうはさっぱりうまくいかない。 幼い頃に母を亡くした姉妹は、友達でもあり、... [続きを読む]

受信: 2005/11/15 18:31

« 無念…な日曜 | トップページ | たらふく食べた♪ »