« 道北の旅(2日目①) | トップページ | 道北の旅(2日目③) »

2005/05/21

道北の旅(2日目②)

7時半発、礼文島行きのフェリーが出航。(稚内から1日5便)
大手旅行代理店のツアー客(大半が中高年層)でとても混んでおり、ギリギリで乗船した私達はとりあえず端の方に座る場所をキープ。おにぎりを食べました~。それから小説の続きを読み始めたところ、微妙に船酔いが…。昔から船だけは弱いんですよねー。天気も悪かったので、海も荒れており、少し揺れたのも原因です。
2時間位で香深港に到着しましたが、下船してから少し待合い所のベンチで休んでました。その間にKちゃんが各レンタカー会社をまわって、料金を確認、一番サービスの良かったトヨタと交渉してきてくれました。ヴィッツを借りて、島観光。まずは最北端のスコトン岬を目指しました。20050515_1038_0000
岬の先には展望台があって、そこから無人島の「トド島」が見えます。晴れていれば、遠くにサハリンがうっすらと見えるそうなのですが、この日は曇り時々小雨、そして強風というコンディション。最悪~。そしてとーっても寒かったですっ!冬仕様の上着を持ってきて正解でした。火曜サスペンスに出てきそうな断崖が。「片平なぎさとか、船越栄一郎とかが居そうだねー。犯人役で飛び降りちゃうのは、火野正平あたりかな。」と話す私達はすっかりオバサンでしょうか!?お土産屋さんには、ウニのにぎり(1000円)が、いかにもバスツアー客狙いでレジ前に売ってました(^_^;)

スコトン岬の次は澄海岬(すかいみさき)方面へ。ラン科の「レブンアツモリソウ」の群生地が近くにあるのですが、まだ咲いておらず、立ち入りが出来ない状況でした。う~ん、残念。稚内のタクシー運転手さんは見られるかも、と言っていたんですけどねー。例年よりも遅いみたいです。

20050515_1145_0001

そしてお次は金田ノ岬へ。船酔いもすっかり治まったので、食事を。土産物屋かと思って入った食堂には、バスのツアー客用の食事が用意されてましたが、私達はその横で、ウニ丼(2500円)とイクラ丼(1500円)を注文し、2人でシェア。ウニとイクラを両方味わおうという魂胆です~。
カニ汁もついていて、かなりゴージャスな昼食でした(^_^)v
店内が暖かかったらもっと良かったのですけどねー。あ、ちなみにウニ丼は礼文島が発祥の地だそうです。パンフレットか何かに書いてありました~。ほんとかなあ?

さて、島を南下しまして、桃岩展望台へ。車を止めて少し歩いて登ると、確かに桃の形をした岩が目の前に!
花のベストシーズン(6月末~7月)には様々な花が咲くようですが、この日、みつけられたのは「エゾエンゴサク」1種類のみでした。絶対にまた花の時期に来たい!と思いました。そんな思いにかられながら、13:45発のフェリーに乗って、利尻島(鴛泊港)に移動でーす。とっても駆け足で、なんだかもったいないような…。

|

« 道北の旅(2日目①) | トップページ | 道北の旅(2日目③) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/82548/4214157

この記事へのトラックバック一覧です: 道北の旅(2日目②):

« 道北の旅(2日目①) | トップページ | 道北の旅(2日目③) »