« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005/05/31

伊豆に集合!(2日目)

3時半に寝たのに、7時半には目が覚めてしまいました。(年寄りか、私は。)
朝ご飯を作って食べ、11時にチェックアウト。
20050529_1122_0000
城ヶ崎の吊り橋へ行ってみました~。岩場から海を見下ろすと、気分は土曜ワイド劇場(笑)なかなかの迫力でございました。

それから、熱海方面へ向けて出発~。途中、道の駅に立ち寄りました。お土産屋さんが沢山入ってます。甘エビとかニューサマーオレンジなどを試食しまくり。

熱海では、お寿司屋さんに入りました。私は「地魚ミニ丼」(630円)をまず注文。ヒラメやヒラマサ、なんかが1切れずつ4種類。あっという間に完食~。
20050529_1336_0000
その後、まだ食べられそうだったので、隣の席のムーが頼んでいて美味しそうだった、生しらす握り(310円)を。とっても甘みがあって、美味しかった!ついでにアサリ汁もオーダー。満足♪

ここで、よね夫妻・みーちゃんと別れ、残った4人でしばしドライブ。景色を眺めてのんびりして、熱海駅でムーとお別れ。おぐ・みねと3人でロマンスカーに乗って帰ってきました。
次にみんなで集まるのは、年明けあたりに行われる予定のムーの結婚祝いになりそうです。

みんな元気でねー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伊豆に集合!(初日)

5月28日(土)~29日(日)、大学時代の仲間達(通称:ギャンブラーズ)と久々に集合しました。
場所は伊豆高原。近所に住んでるよねちゃん夫妻が泉郷のコテージを予約してくれました。
午後2時に伊東駅に集合、ということで、千葉在住のみーちゃんと一緒に、12時発の「踊り子」に飛び乗りました。車内でお弁当を食べ、1時間44分で到着~。踊り子って速いねー。
駅にはすでによね・都内から来たおぐ・名古屋から車で来たムーがお待ちかね。会うのは10月(よねの結婚式)以来です。途中、よねの旦那さんの職場に寄ったりしながら、車を走らせ、大室山リフトへ。山頂では20分程かけて1周してみました。みーちゃんとよねは「ワサビソフト」を食べてました。一口もらうと、ほんとにワサビの味全開でした~。
その後、スーパーへ行って、買い出し。お酒やジュースだけ買って、外食するつもりが、勢いで焼き肉をすることになっちゃいました。よねちゃんが家からホットプレートやら調味料なんかを持ってきてくれて、大助かり。
よねの旦那さんも仕事を終えて合流してくれました。
その後、都内から遅れてきたみねが合流。みねは長いこと海外に行ってたので、会うのはかなり久しぶりでした。
夢に向かって着実に進んでました~。うらやましい!
ご飯の下ごしらえをしてから、みんなで泉郷の大露天風呂へ行きました。バリ風な造りがウリだそうな…。最初のうち、お客さんが他にいなくて、貸し切り状態(^_^)v
コテージに戻って焼き肉パーティー。ここで活躍したのがムーでした。こんなに料理好きなヤツとは知らなかったなあ。小料理屋とか居酒屋の主人になるべし!創作料理がすばらしかった!!
ひとしきり飲み食いした後、なぜか深夜1時半から花火…(^_^;)
年をとってもバカが出来る、楽しい仲間達です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/21

道北の旅(最終日)

7時半起床、バイキング形式の朝食をとりました。利尻のとろろ昆布が入った味噌汁、タラコ等がとても美味しかったです。
始発(8:40発)のフェリーで利尻島を後にしました。お天気もすっかり回復して、この日に観光だったらなー、と後ろ髪引かれる思いで…。船内ではもちろん酔わないように横になり、ひと眠り。目が覚めて揺れも少なかったので起き上がってみました。隣に座っていた初老のご夫婦と談笑。お2人で色々な所に旅をされているのだそうです。旦那さんはマラソンが趣味で、海外にも出掛けているのだとか。奥様はパックツアーが気楽で良いわ、と話されていました。白神山地や熊野古道など、行ってみたいところが沢山あるそうです。仲もとっても良くてうらやましい!
帰りの飛行機も同じで、稚内に着いてからも駅でばったり会ったりしました(笑)
フェリーターミナルから駅まで歩いて移動。途中で鮮魚センターみたいな所に立ち寄ってみました。魚を買ってきて、と言っていた家族には、「縞ほっけ」でごまかそう、と購入して、その後、自宅に電話を入れたところ、父親が「カニが食べたい。」と言っているとの事。渋々戻ってカニを物色。毛ガニ・タラバ・ズワイがセットになった「3大カニセット」なるものをお買い上げ。やれやれ。でもまあ、たまには親孝行もしないとね。職場への土産も購入して、空港行きのバスに。今回はガラガラでした。

20050516_1239_0000空港で昼食を摂ることにしていましたが、土産屋をふらっとのぞくと、「ほっけメンチバーガー」なるものを発見!こりゃあ、食べない訳にはいかないでしょう!…ということでお買い上げです~。(1個→250円)タルタルソースとからしマヨネーズの2つの味から選べます。
味は、ほとんど魚っぽさを感じさせないですね。原材料を見たら、鶏肉とあったので、鶏メンチの中にほっけのミンチを混ぜた、といった具合ですかねえ。空腹はしっかり満たされました。
飛行機は少し遅れましたが、無事羽田に到着。ハードスケジュールながら、色々な思い出が出来ました。近いうちに礼文と利尻は再チャレンジします。今度はじっくり・のんびりトレッキングをしに…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

道北の旅(2日目③)

14:25、約40分の船旅を経て利尻島に到着。朝の船酔いの教訓を活かし?船内では終始横になっていました。こうしていると酔わないんですよねー。朝も寝てればよかったのですが。
この日のお宿、「北国グランドホテル」の従業員の方がフェリーターミナルでお出迎えしてくれていて、ワゴン車で宿に。荷物を部屋に置いて、宿からレンタカーを借り(SUZUKI ワゴンR)、島内観光に出掛けたのでした。
礼文島のヴィッツに比べると、圧倒的に馬力がなく、アクセルは相当ベタ踏みでしたよ~(^_^;)
まずは「オタトマリ沼」へ。どんよりと曇っていたので、利尻富士ははっきりとは見えませんでしたが、沼のまわりが遊歩道になっていたので、20分位かけて1周。20050515_1616_0000
観光バスが何台も停まっていて、おじさま・おばさま方がなにやら写真を撮っています。親切な女性が、「ここに『ザゼンソウ』が咲いてるわよ。」と教えてくれました。たぶん、聞いていなかったら気付かずに通り過ぎた可能性が高いです~。良かった☆
寒さに耐えながらお散歩終了。バスツアーが引き上げると、途端に売店が閉まっていました。私達だって温かい飲み物でも買いたかったのに…。ちょっとの差でした。無念。

20050515_1704_0000
その次は海岸線を走って、「姫沼」に行きました。小鳥のさえずりが至るところから聞こえてきて、寒いけど、心が穏やかになるひとときでした。ここにも『ザゼンソウ』をたくさん見ることが出来ました。

最後は「甘露泉水」という湧水に立ち寄りたくて利尻山の3合目を目指しました。
ところが車を停めてびっくり(@@;)20050515_1740_0000雪がすごいんです!まだまだ雪解けは遠そうでした。そうそう、道を走っていると、たまに気温の表示があるのですが、「2℃」だったな…。
登山道は立ち入れる感じでは無かったのですけど、とりあえず「甘露泉水」は560メートル、ということで、頑張って行ってみよう、と立て札を頼りに歩いてみました。
「あと50メートル」という札のところまでなんとか来ましたが、そこから歩いても一向にみつかりません(汗)
100メートル四方は探したものの、結局発見できず、雪で埋まっているのかな、と思ったらドッと疲れました。
何してたんでしょうねー。とほほ。
意気消沈しながら宿へ戻ったのでした。宿の食事は海の幸が盛りだくさんで、すっかり満腹に!背後から、職場の上司に声&イントネーションがそっくりな男性の声がしたので、かなり焦りましたが、勇気を出して振り返ると、全くの別人でホッ。(*^_^*)
大浴場には露天風呂もあり、「日本最北端の露天風呂」と表示が。確かにそうかも。
お湯は熱めなんですが、時々強く冷たい風が吹いて顔に当たるので、のぼせずに長時間入れました。
ちなみにこの宿、玄関に「甘露泉水」を引いていて、部屋の冷蔵庫にも「ご自由にお飲み下さい」と書いた「甘露泉水」のポット有り…。ほんとに先ほどの苦労はなんだったんだ、と脱力しながら就寝しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

道北の旅(2日目②)

7時半発、礼文島行きのフェリーが出航。(稚内から1日5便)
大手旅行代理店のツアー客(大半が中高年層)でとても混んでおり、ギリギリで乗船した私達はとりあえず端の方に座る場所をキープ。おにぎりを食べました~。それから小説の続きを読み始めたところ、微妙に船酔いが…。昔から船だけは弱いんですよねー。天気も悪かったので、海も荒れており、少し揺れたのも原因です。
2時間位で香深港に到着しましたが、下船してから少し待合い所のベンチで休んでました。その間にKちゃんが各レンタカー会社をまわって、料金を確認、一番サービスの良かったトヨタと交渉してきてくれました。ヴィッツを借りて、島観光。まずは最北端のスコトン岬を目指しました。20050515_1038_0000
岬の先には展望台があって、そこから無人島の「トド島」が見えます。晴れていれば、遠くにサハリンがうっすらと見えるそうなのですが、この日は曇り時々小雨、そして強風というコンディション。最悪~。そしてとーっても寒かったですっ!冬仕様の上着を持ってきて正解でした。火曜サスペンスに出てきそうな断崖が。「片平なぎさとか、船越栄一郎とかが居そうだねー。犯人役で飛び降りちゃうのは、火野正平あたりかな。」と話す私達はすっかりオバサンでしょうか!?お土産屋さんには、ウニのにぎり(1000円)が、いかにもバスツアー客狙いでレジ前に売ってました(^_^;)

スコトン岬の次は澄海岬(すかいみさき)方面へ。ラン科の「レブンアツモリソウ」の群生地が近くにあるのですが、まだ咲いておらず、立ち入りが出来ない状況でした。う~ん、残念。稚内のタクシー運転手さんは見られるかも、と言っていたんですけどねー。例年よりも遅いみたいです。

20050515_1145_0001

そしてお次は金田ノ岬へ。船酔いもすっかり治まったので、食事を。土産物屋かと思って入った食堂には、バスのツアー客用の食事が用意されてましたが、私達はその横で、ウニ丼(2500円)とイクラ丼(1500円)を注文し、2人でシェア。ウニとイクラを両方味わおうという魂胆です~。
カニ汁もついていて、かなりゴージャスな昼食でした(^_^)v
店内が暖かかったらもっと良かったのですけどねー。あ、ちなみにウニ丼は礼文島が発祥の地だそうです。パンフレットか何かに書いてありました~。ほんとかなあ?

さて、島を南下しまして、桃岩展望台へ。車を止めて少し歩いて登ると、確かに桃の形をした岩が目の前に!
花のベストシーズン(6月末~7月)には様々な花が咲くようですが、この日、みつけられたのは「エゾエンゴサク」1種類のみでした。絶対にまた花の時期に来たい!と思いました。そんな思いにかられながら、13:45発のフェリーに乗って、利尻島(鴛泊港)に移動でーす。とっても駆け足で、なんだかもったいないような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道北の旅(2日目①)

前の晩、コンサートが終了して宿に戻ると、宿の方が温かく出迎えてくれました。
「明日の予定は?」と聞かれ、「利尻島に行く予定です。」と伝えると、「礼文島もまわれますよ。せっかくなので行かれては?」との事。フェリーの時刻表を見せてくれたり、観光ガイド付きバスの時刻表を用意してくれたり、と至れりつくせり…。礼文島のガイド付きバスは、なかなか面白そうだったのですが、5月は午後2時から、ということで、利尻に宿をとっている私達には無理な時間でした。悪天候も予想され、礼文に渡るかどうか、とても悩んだのですが、宿の人もおっしゃる通り、せっかく来たのだから、ということで礼文行きが決定!7時半のフェリーに乗ることに。早めに就寝…と思ったら、隣の部屋の女の子達が騒いでいて、うるさい!深夜0時半位まで続き、すっかり睡眠を妨害されたのでした(涙)
朝7時にチェックアウトしようとフロントへ行くと、宿の方お2人が出迎えてくれました。昨日、隣の部屋が盛り上がっててうるさかった理由が判明!てっきりライヴの興奮冷めやらず、なのかと思ってましたが、宿の方のお話によると、昨晩、隣の部屋の子達が宿の道をはさんだ向かい側にある居酒屋でお酒を飲んでいたところ、ゴスペラーズのメンバー&スタッフが打ち上げに来たのだそうです。そこで、女の子達は宿に戻り、色紙はないか、カメラはないか、と宿の方に頼んでいたらしいです…。デジカメを借りて行ったそうですが、メンバーには丁重にお断りされたとか。そりゃあそうですよね。ライヴを終え、稚内ではなく、わざわざ南稚内に移動して、ようやくくつろげる、という時にファンに騒がれてもねえ。モラルを疑ってしまいます~。
もし私達がその立場だったら???とKちゃんと話し合いましたが、Kちゃんは「声は掛けないし、その場に居るとどうしても気になって見てしまうだろうから、おそらくお店をそっと出ると思う。」と言ってました。ライヴが最高だったらそれで良いのです、私達は。
朝ご飯は頼まず、素泊まりだったのですが、「ちょっと時間ありますよね?」と言って、コーヒーをサービスして下さいました。ほんとにこの宿の方達はみなさん親切で、とても居心地が良かったです。また稚内に来ることがあれば、ぜひ宿泊したい、と思いました。
レンタカーを返しに稚内駅のバスターミナルへ。そして駅からはタクシーでフェリーターミナルへ移動を。
おにぎりとパンを買って乗船です。いざ、礼文島へ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/19

G10ツアー in 稚内

5月14日(土)、この旅の主目的であるゴスペラーズのライヴ。
「また~!?」とお思いの方も多いでしょうが、10周年の記念すべきツアーなので、何度行っても良いものは良いんです。ついでに観光もしているし。曲のセットリストは変わっていないけれど、滅多に聴けない曲もたくさん演奏してくれて、ほんとに満喫できます。
会場は稚内総合文化センター。17:30 STARTです。席は後ろの方でしたが、こじんまりした規模の施設なので、ステージが近く感じられました。
MCで、メンバーは金曜に札幌から移動してきて、スタッフと一緒にそのまま観光バス(ガイド付き)で宗谷岬に行って来たと話してました。「最北端」という食堂でウニ丼やらラーメン、カレーなどを食べたのだとか。
温泉にも立ち寄って、土地の人達と親交を深めてきたりもしたそうです。おもいっきり観光してるなあ。
リーダーの村上氏は、利尻島に渡りたかったようですが、時間がなく、断念したと言ってました。
黒澤氏は会場近くの喫茶店で好物のカレーを食べてきた、というし、それぞれツアーを満喫しているようですね。
そんな庶民的な感覚が微笑ましいです。
ツアーも終盤で、あとは南の方(最後は沖縄)をまわるようですが、私にとっては今回がラスト。
苗場の時に買ったTシャツに初めて袖を通し、はじけてきました~。
ライヴ続きでメンバーの喉もお疲れ気味みたいでしたが、残りのライヴも盛り上げてほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005/05/18

道北の旅(初日)

先週の山形に続き、今回も「G10ツアー」に引っかけての旅でございます。
今回の目的地は北海道の稚内。日本最北端ですっ!
飛行機は全日空だったので、羽田第2空港ターミナルへ。新しくなってから初めてでした。
なんとなく見ていたら食べたくなって、売店で万かつサンドをお買い上げ。機内で食べることに。
11:40発の便で出発!友人Kちゃんとおしゃべりしたり、持ってきた小説を読んだりしていたら、あっという間に到着しました。後半、飛行機が揺れたので疲れましたが(^_^;)
稚内空港についてびっくりしたのは、その小ささ!エスカレーターも無いし、羽田とのギャップが…。同じ飛行機に車いすのお年寄りが何名かいらっしゃったのですが、エレベーターには1人ずつしか乗れないし、トイレも順番待ちで大変そうでした。
さてさて、空港から稚内駅へ移動するため、宗谷バスに乗ることに。ところが、すでにかなり混雑してました。20050514_1429_0000
ゴスペラーズのライヴに行く人も多かったようです。
これを逃すと1時間待たなければならないので、気合いで乗り込みました。
その後もお客さんは乗ってきて、最終的にKちゃんはステップ、私は運転手さんの隣(おもいっきり運転席内!)に立つことになりました。運転手さんに「邪魔じゃないですか?」と声を掛けると、「大丈夫だけど、少し触っちゃったらごめんなさいね。」と冗談を言って笑わせてくれました。荷物はKちゃんと、一番前に座っていたお客さんが支えてくれて助かりました。
乗り降りが大変で、本来は運転席側で運賃(590円)を払うことになっているのですが、後ろの方のお客さんから「後ろから降りて、外から回ってお金払いまーす!」という声が(笑)
このバス、なんとまだ新札に対応していないとの事で、新千円札で支払う場合は、運転手さんがカバンからフィルムケースを取り出し、そこに入っている小銭と両替をする、というシステム。周到に用意されてました(^o^)
お客さん同士でお金の受け渡しを協力し合ったり、アットホームな雰囲気でした。
運転手さんの「まあ、慌てずにゆっくり行きましょう。」という言葉を聞いて、北海道はのんびりとした時間が流れているんだなー、と日頃の自分のせかせかした生活ぶりを反省したりして。
かなり体力は消耗して疲れたけれど、すごく思い出になるバス移動でした。
稚内駅のバスターミナルに着いて、レンタカーを借り、ライヴまでの間、宗谷岬までドライブを。
20050514_1505_0001道路の端には矢印が…。
これは、雪が積もると、当然ながら路側帯が分からなくなるので、それを知らせるためのもの、との事。(土木を生業とするKちゃん情報)北国ならではですねー。20050514_1522_0001
海沿いをKちゃんの運転で30分ほど走り、宗谷岬に到着~。
車を降りたら…さ、寒い!恐ろしく寒い!先週、流氷も近くまで来ていたそうな。気温の低さプラス風の強さに、写真だけ撮って、お土産屋さんに駆け込む2人でしたぁ(>_<)
「オホーツク流氷カレー」というホワイトカレーが売っていて、ヒジョーに気になったのですが、630円という値段に断念。
来た道を戻って、宿泊予定の南稚内駅前、「ホテル御園(みその)」へ。玄関に鍵付きの下駄箱があり、靴を入れましたが、スリッパが無いっ!…このお宿、スリッパレスなんです~。知人の家に遊びに来た感じでしょうか。
リニューアルされたばかりのようで、とてもきれいでした。
そして、また車に乗り込み、急いで夕食に。え~っと、またラーメンです(笑)急いでいる時にはもってこい。20050514_1700_0000Kちゃんオススメの50年続くという老舗、「青い鳥」へ。
塩ラーメン(600円)を注文。透明のスープで、とっても美味しい!スープの温度が高くて、なかなか冷めないので(おそらく、北国なので、冷めないようにラードを使っているもよう。)、ちょっとヤケドしました。
カウンターでラーメンとチャーハン(600円)を食べている男性がいましたが、チャーハンの大きさにもびっくり!ラーメンだけでも十分お腹いっぱいになるのに、すごいなー、と感心。両方で1200円、というエンゲル係数の高さにもこれまた感心。
食べ終わった時にはライヴまであと10分を切ってました。今回も大急ぎで会場に移動です。(つづく…)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/10

山形で食いだおれ(2日目)

ライヴが終わって、宿に戻り、テレビで韓国ドラマ『オールイン』を観てから就寝。
翌日は6時半に起床し、7時にはチェックアウト!エンジンをかけるとカーナビが『5月8日。今日は化粧品の日です。』と伝えてきました~。なんだそれ(^_^;)
なぜこんなに早く出発したのかといえば…やっぱり、海の幸を食べなきゃでしょう!
というわけで『さかた海鮮市場』へ。朝定食(525円)を注文~。この値段で筋子、ぶりの照り焼き、刺身、わかめなどがついてます。さらにデザートにオレンジが。そして、50食限定とのことでしたが、『どんがら汁』という名のアラ汁が付いてました(^^) とってもお得ですよね☆
20050508_0733_0000
このアラ汁、鯛も入ってました!かなりアラが沢山入っていて、良いダシが出てましたよー。
すご~く満腹になりました。
市場を出て、次に向かったのは、『酒田夢の倶楽(くら)』。明治時代に米倉庫として作られた、山居倉庫にオープンした、酒田市の観光物産館です。
そこで、1日限定50個という『女鶴大福』(1個160円)や、蔵で5年寝かせて熟成させたという日本酒を家へのお土産に買いました。(この日本酒、かなり良い色をしてるんです!「2000年蔵入り」とラベルが貼ってあります~。)とはいえ、私はお酒は弱いので、たぶん、一口味見をする程度だと思いますが…。あとは、庄内産の餅米で作った丸餅を買ったりしましたー。
ひとしきり買い物し、時計を見ると、まだまだ時間あり。さて、どうするかと考え、もう少し酒田市内を観光することにしました。昨日、ゴスペラーズのリーダー、村上氏も訪れたという、『土門拳記念館』へ。日本初の写真専門の美術館だそうです。
今まで、名前は聞いたことがあったのですが、作品を目にしたことがなかったので、どんな感じなんだろう?と興味を持ちつつ、入館。この日の主要展示は『古寺巡礼 斑鳩から奈良へ』、企画展示は『筑豊のこどもたち』でした。『古寺巡礼』は土門氏のライフワークだったそうです。その写真は1枚1枚、かなりインパクトがありました。私は写真はドシロウトですが、仏像の写真1枚とっても、その仏像の表情をしっかり捉えて、最大限良さを引き出していることを感じ取ることは出来ました。パネルの説明には、土門氏は撮影後、納得がいかないと何度でも足を運んで撮り直しをしたとありました。『筑豊のこどもたち』は、九州の炭鉱が閉山に追い込まれ、失業者が多く出た中で、そこに暮らす貧困の人々に密着したものです。すごく衝撃的でした。今の日本からは想像もつかない世界です。当時でも、かなり社会的反響が大きかったようですが。
時間が出来たら、写真集なり、著書を手にとってみたいと思います。
記念館を後にして、新庄へ向かう道すがら、最上郡戸沢村にある『佐藤長三郎そば』へ。
戸沢村産の粉のみを使ったというお蕎麦を食べに行きました。
Kちゃんは合いもり(板そばに麦きりまたは変わりそば付き→この日はごまそば/1155円)、私はけんちんそば(990円)を。けんちんそばはごぼう、人参、里芋などが入って具沢山でした。
また、2人で川がに汁(525円)を1つ注文しました。カニ味噌も入っていて、とても美味しかったです。
20050508_1216_0000

それと、オーダーはしなかったものの、天ぷらは野菜天、海老天、にしん天が共に315円と破格の安さでした。
いやー、満腹満腹。ほんとに食べてばかりの2日間だったなあ。もうすぐ健康診断だというのにねぇ。
途中、道の駅に寄ったりしながら、新庄駅に到着。
楽しい旅でした。帰りも新幹線に3時間半乗車して、帰ってきました~。長々読んで下さった方、ありがとうございまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

G10ツアー in 山形

さてさて、今回の旅のメインであるライヴへ。ギリギリセーフで会場である「酒田市民会館 希望ホール」に到着しました。2階席ということだったので、あまり見えないかもしれないけど、ゴスペラーズの音楽をじっくり満喫しようと思っていたのですが、入ってみると、なんと、すぐそこにステージが!!
私達の席はテラス席のようになっているのですが、1列しかないし、傾斜もきつくないので、かなり良く見えました。希望ホールはとても新しい施設のようですが、1200人ちょっとの収容人数なので、こじんまりとしていて、どこの席でも良く見えたのでは。武道館などの大きな会場に比べて、客席とステージの一体感があったように思いました。とても良い会場です。酒田市、頑張ったなあ。
ライヴもすごい盛り上がりで、大満足でした!あっという間に楽しい時間が過ぎていきました。
初めてGOSのライヴに来たというお客さんがかなり多くて、着物を着たおばさまがいたり、おじさまも複数見えました。
初めて見たGOSの印象は?とメンバーが尋ねると、会場から「よくしゃべる!」との声が…。これにはメンバーも笑ってました。確かに、テレビで歌っているGOSだけ見ている人からは、ライヴのMCをしている彼らを想像できないかも。MCも楽しいし、ダンスもバリバリ踊っちゃうんですけどねー。バラードのイメージが強いのかな。
酒井さんは、テラス席(「そこの細いほうの席の人達」と言われてましたが)に配慮してくれて、「サービスしますから(笑)」なーんて言ってました。最後に「安田サービス!」と言って、安田大サーカスの真似をしてくれました~(^o^)
あー、楽しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山形で食いだおれ(初日)

5月7日(土)~8日(日)の2日間、山形へ行ってきました。
またしても、ゴスペラーズの『G10ツアー』に便乗して(?)の観光でございます。
大宮から山形新幹線『つばさ』に乗り、約3時間半。と、遠い!
終点の新庄駅で下車し、レンタカーを借りて、目的地である酒田へGO!雨だったので、レンタカーを借りることにしていて良かったと実感。
車はホンダのフィットで、まだ新車だそうな。受付のおじいちゃん2人はとても気さくな方達で、途中、眠くならないように、と心配して、『ブラックブラックガム』を大量にくれました(^_^;)お2人のなまりのある会話を聞いて、「あ~、東北に来たんだな~。」と思ったりして。東北の言葉って、とっても温かいな、と思いました。
さーて、出発!少し走ったところで、一度停車し、目的地を設定…と思ったら、カーナビがきちんと作動しない(-_-)
仕方なく、レンタカー案内所に戻ると、さきほどのおじいちゃん達が車に乗り込み、色々と原因を探ってくれました。DVDナビだったのですが、一度出し入れしたら、見事に復活!あー、よかったよかった。どうやら結露による接触不良だったようです。その後も数回、動かなくなってしまうことがありましたが、DVDの出し入れで解決してみました~。新車なのに、ホンダの純正ナビには困ったものです。
さてさて、昼食です。酒田に向かう途中、国道13号からちょっと入ったところにある『谷口がっこそば』というお店へ。その名の通り、以前は小学校だったところです~。20050507_1358_0000
廃校になった校舎をそのまま利用していて、地元のお母さん達が切り盛りしているんです。中に入ると、元の講堂がそのままになっていて、そこに畳が敷いてあり、テーブルがある、といった感じです。黒板やストーブなんかもあって、なんだかとても懐かしい雰囲気です。
ちなみに土日のみ、午前11時~午後3時までの営業だそうです。20050507_1408_0000
私は板そば(並)700円を注文。友人Kちゃんはそばセット(揚げそば付き)1000円を。写真の奥の方にあるのが揚げそばです。里芋みたいな食感で、美味しかったです。おろし醤油で食べた時と塩・こしょうで食べた時とでは、味わいも違って、それぞれ良い味でした。
おつけものや煮物なんかも付いていて、それらもまた、素朴で美味しかったですねー。
満腹になり外へ出ると、まだ雨が降ってましたが、酒田へ向けて再出発~。4時前に宿に到着しました。チェックインして荷物を置き、少し休んでから、ライブの前に夕食…って、まだおそば食べてから3時間経過してないんですけどね(^_^;)
「るるぶ」に載っていた、『満月』というラーメン屋さんに行きました。
20050507_1715_0000
ワンタンメンがウリだそうです。辛みを足した『スタミナワンタンメン』というメニューもあり、気になりましたが、とりあえずシンプルにワンタンメンを注文してみました。
お客さんの大半はこのどちらかを頼んでいましたが、メニュー表を見てびっくり!なぜかサッポロラーメンもあるし、後半はそばやうどんのメニューも沢山書いてあるっ!おまけに出前もしています~。ラーメン屋なのに手広いなあ、と感心!?
さて、酒田ラーメンですが、るるぶによると、港が近いだけに、魚介系のダシとの事。
20050507_1702_0000登場したワンタンメンのスープを一口飲むと、確かに煮ぼし系の味が濃厚です。すっきりしてて美味しかった~♪
チャーシューもたっぷり入ってて、後半はかなり苦しかったけど、いかなる状況下に置かれても、完食するのがワタクシでありますー(^_^)v
食べ終わって、時計を見ると、あらま、ライブ開始直前。会場に急行です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/05/05

さかいやスポーツで買い物

ゴールデンウィーク後半ですが、なんだか疲れがドッと出てしまい、日中はゴロゴロしてばかり…。
これではいかん、と思い、今日は午後3時頃から、神保町の「さかいやスポーツ」に行くことにしました~。
新しいレインウエアを買いたかったんです。
車で45分位で到着!パーキング探しに少し手間取りましたが、無事みつかり、お買い物スタート。
さかいやの店員さん達は、とても親切だし、色んな事を教えてくれるので、助かります。
さて、レインウエア。今まで自分が使っていたのもゴアテックス素材ですが、年々進化しているようで、かなり軽量化が図られてました。羽織ってみてびっくり!悪天候時に使うものだし、軽いにこしたことはありません。
定価よりも5~6千円安いので、即決しました。春のキャンペーン中だとかで、ポイントもかなり付き、思わずポイントをさっそく使ってパタゴニアのTシャツを千円引きでGETしちゃいました。
その後、すっかり勢いづき、NIKEのウォーキングシューズもお買い上げ。う~ん、良かったのだろうか。
まあ、必要なものだし、よしとしましょう(^_^;)
帰りも道はすいていて、あっという間に帰宅でした~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NACK5 SPECIAL LIVE

5月1日(日)、大宮ソニックシティ大ホールで、『NACK5 SPECIAL LIVE NEXT STAGE~CITY NIGHT 2005~』というライヴイベントに行ってきました~。
出演は、オープニング・アクトがRYTHEM、そして渡辺美里・鈴木雅之・ゴスペラーズ、という豪華な顔ぶれ!ミュージックフェアかと思うほど贅沢…(笑)
NACK5が浦和から大宮に移転したのを記念して行われたライヴです。
席はなんと前から3列目です!!毎度、友人Kちゃんのクジ運(?)の強さに感心&感謝♪
美里さん&マーチンさんの歌声を実際に聴くのは初だったのですが、いやー、かっこいい(*^_^*)
ファン以外の人達にも配慮してくれたのか、ヒット曲をたくさん演奏してくれました。(美里さんの『BIG WAVEやってきた』や、『10YEARS』が懐かしかった!)
ほとんどの曲は聴いたことあり。ゴスは大トリで登場。白いスーツでした。G10ツアーのセットリストの中から『熱帯夜』、『GET ME ON』、『愛の歌(なりきり)』、『full of love』、『ミモザ』などを。
そして、終盤に美里さん&ゴスで『MY REVORUTION』を熱唱!すご~く、客席も盛り上がりました。さらに締めくくりは、RYTHEMとマーチンさんも加わって、名曲『夢で逢えたら』を!会場も一緒に歌いました~。
とても内容の濃いLIVEで大満足!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »